「東京疲れた…田舎に帰りたい…」じゃあ、移住しちゃう??

東京って疲れますよねー。

どこに行っても混雑してるし空気も汚れているし…その上癒しも少ない…

それなら移住しちゃえば…
「ムリだよ!」なんて言わずにちょっと考えてみませんか?

東京にいると疲れる理由⇔田舎の癒しの秘密

そもそも東京にいると、なぜ疲れるのでしょうか?

東京にいながらにしてストレスフリーになる方法はあるのでしょうか?

都会には都会のメリットがあります。
都会が合う・合わないは人それぞれですが、「合わない」と感じる人は、都会のメリットとなる部分に興味がない・その人自身にはそれは価値がない場合が多いと思います。

都会のメリットとは、
・電車がすぐ来る!交通機関
・お店がたくさん!オシャレ☆
・イベントがいっぱい!
・美術館、劇場など様々な施設が充実!
など。

しかし、

・ちゃんと時間調べとけばいいんだし、そんなに電車の本数多くなくても…/車の方が好き
・ユニクロとしまむらがあれば生きていける/オシャレとか、たまーに都会に出て服買えばいいんじゃない?
・イベント?ライブとか行かないし…/年数回だったら遠出もいいんじゃない?

となると、全然都会に住まなくて良いですよね。
むしろ、こうしたメリットの部分に興味がないと、デメリットの方が目立ってきます。

都会のデメリット
・どこに行っても混んでいる
・自然環境が劣悪(空気が汚れている、自然がない等)
・アウトドア系の人には遊ぶ場所がない

田舎に帰りたい?それとも別の地域に移住する?

実家が田舎で、そこに帰るのが理想なら、家賃もかかりませんし、その地域のこともよく知っていて友人知人もいるわけですから、最も安上がりで安心安全、失敗も少ない方法だと思います。

ただ、「仕事がなくて田舎に帰れないよ!」という方もいるでしょう。

これは、実家が田舎でなくても直面する問題です。

いまの仕事、好きですか?
移住は定年後でいい、という方を除き、田舎でもできる仕事・田舎でないとできない仕事・ネット環境があればできる仕事、考えてみても良いと思います。

仕事の好き嫌いによらず、今の仕事で将来大丈夫なのか、職場に未来はあるか?といった観点でも、よく考えてみてください。

様々な移住・田舎暮らしのスタイル

Uターン、Iターン、Jターンについては別の記事でまとめました。

初めて聞いた、という方は、先に↑をお読みください!

移住や田舎暮らしというと、どんなイメージでしょうか。

田園風景広がる「田舎」での暮らし…だけではありません。実はこれ以外にも様々なスタイルがあります。

ご自身の仕事の都合だけでなく、ご家族がいらっしゃるのなら、ご家族の希望も大切です。様々な移住のスタイルがあることを知ってもらい、提案してみては…?

● 休日限定田舎暮らしスタイル

平日は東京で仕事、休日は田舎へ!という生活です。

東京で通勤片道1時間かかるとすると、往復で2時間。1日2時間を移動に使うことになりますが、

片道2時間の田舎へ1往復しても1日当たりの移動時間は2時間。
土曜の朝に東京から田舎へ、日曜の夜に田舎から東京へ。
平日と同じ時間の使い方で、田舎暮らしができます。

仕事を辞めずに田舎暮らしをする方法の一つです。

● 仕事は都会、暮らしは田舎スタイル

知ってますか?長野県も、東京への通勤圏なんですよ。

新幹線や特急を使って、田舎から都会に通勤するという生活。

通勤費は高額になりますが、会社の通勤費めいっぱいと田舎の家賃の安さで相殺される可能性は十分あります。

地方都市ならそこまでせずとも、ちょっと郊外、という程度で十分「田舎暮らし」といってよい生活ができるかもしれません。

● 2拠点生活!季節によって住む場所を変えるスタイル

2拠点でも3拠点でも良いのですが、ともかく住む場所を渡り鳥のように変える生活です。

夏は北海道、冬は沖縄…夢みたいですね。

● これも移住?定住しないスタイル

2拠点生活は渡り鳥でしたが、放浪・ノマドな生活がこちら。

特定の場所に通勤しなくて良いお仕事なら、こんな生活もできちゃいますね!
旅行大好きならこんな暮らしも憧れなのでは。

本サイトでは移住したい方を応援しています。
興味がある方は、まずは無料メールマガジンに登録してみてください!

The following two tabs change content below.

移住促進室(管理人)

東京疲れた...移住したい!老後に移住なんて待っていられない! というあなたを移住に導くコンテンツを配信しています。