沖縄への移住生活~文化の違いと特徴~

沖縄移住7年目の私が、沖縄での生活で感じた文化の違いと特徴について紹介させていただきます。

沖縄への移住生活~文化の違いと特徴~感じた事

・旧暦の行事が多い
生活は新暦ベースになっていますが、旧暦の行事でもお休みになるところが多いです。
もちろん、新暦の正月やお盆もお休みになるところが多く、お休みがいっぱいですw。
沖縄の旧暦行事 2018

・イベントが多く、お店のお休みが多い。
とにかく何かイベントがある毎に、お店や施設が軒並み休みになりますw
こんなに休んでも大丈夫?とは思うのですが、そこはなんくるないさーの考えなんでしょうか。旧暦のイベント、新暦のイベント、各種のお祭り、誕生祝い、結婚祝い、選挙応援etc.

・お店の新規開店が多いが、閉店も凄まじく多い。
一週間前に開店した店がもう閉店してるという事もザラにあります。

・安い定食屋、弁当屋が多い。
弁当は200円程度から、沖縄そばは300円程度から食べられます。

・祖先崇拝
祖先崇拝。そしてニライカナイ信仰なんだそうです。
先祖代々受け継いだ大きなお墓を守って、命日や縁日にはお墓の前で一族揃って宴会をするのが沖縄のスタイル。神社仏閣は少ないです。むしろ教会の方が多いかも。

・仲間意識が強い
小学校、中学校からのつきあいが一生続くのが当たり前。先輩後輩の付き合いも一生もの・・・。内地では考えられないような長い付き合いが沖縄では普通なんです。
良い点も多いと思いますけど、ぶっちゃけ、ちょっと引きます。

そんなに干渉されたくないし・・。私など小学校中学校の同級生はおろか高校の同級生だって顔も覚えていないし、かろうじて大学の同級生数人と縁がつながっている程度なんですがw。

・移住者への警戒心
内地からの移住者への警戒心を持っている人は多いです。少し会話すれば多くの人はうちとけてくれますが。移住者の中には内地から逃げてきている犯罪者等もいますので、やむを得ないところでしょうか?内地の田舎でも同様ですしね。

・時間にルーズ
一時間くらいは遅れていかねばならないと思っているの?というくらいに時間にはルーズな人が多いです。まあ、内地でもそういう人はおりますのでとりわけ気にした事はありません。
ただ、お店の開店時間が平気で30分や1時間遅れたり、営業日でもしばしば急にお休みになるのには閉口します。

・車の運転が荒い
前をよく見ていない車が多いです。自家用車だけでなく、タクシーやバス、トラックなどの営業車でも同じです。歩行者がいるのに平気で突っ込んできますからね。よく注意しないと危険で仕方ありません。

・治安が良くない
浮浪者が多く、未だに暴走族がいます。道端には酔っ払いが寝込んでいる光景が良く見られます。犯罪も多くて、用心が必要です。夜中の外出はお薦めできません。

沖縄への移住生活~文化の違いと特徴~基地問題

騒いでいるのは、左翼に乗っ取られた沖縄議会と沖縄マスコミ。内地から流れ込んでいる左翼集団。座り込みしているのも大半は地元の住民じゃなくて内地から来た左翼。日本人ですらない人間も混ざっています。大半の沖縄住民は静観している、というか気味が悪くて関わりたくないっというところなんですけどね。

まあ、確かに沖縄の綺麗な海を埋め立てて基地を作って欲しくはないですが。
はるかに大きな面積で海を埋め立てて、那覇空港の新滑走路を作り、あちこちにレジャー施設を建設しているのに、そちらにはダンマリですからね。おかしいでしょう。

沖縄への移住生活~文化の違いと特徴~外国人観光客

・中国人&韓国人観光客が多い
ここ数年多くなりました。道のあちこちで騒いでいるし、ホテルやお店での盗難や騒ぎも多くて困りものです。道端でもお店でもところかまわずゴミは捨てるし、マナーはないに等しいですね。

レンタカーを運転する外国人観光客も増えており、運転がメチャクチャな人が多くて危険きわまりないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする