せっかく北海道に移住したわけだし、海でサケ釣ってきたよ:たまには北海道移住者ブログっぽいことを言ってみる

移住したら、こういうのが楽しいんですよ!!!

北海道に移住したらできること:サケ釣り

えー、まず、お知らせがあります。

釣れたことに舞い上がって、写真を撮り忘れました。
よって、画像はイメージです(トップの写真は以前撮ったサケでいちおうホンモノはホンモノです)。

釣って、捌いて、切り身にして、冷凍庫に入れてから、
「あーーーーっ」
ってなりました。

釣れたのがオスだったらもう少し冷静だったかもしれません。

遡上してくる鮭を川で釣ってはいけないという決まりがあるので、海で(海でというか河口で)釣りました。河口規制と言って、川によっては河口もNGなので、もし行く方は調べてから行ってくださいね。

ちなみに、こういうので釣ります(イメージです…泣)。

釣りをしたりプチ自給自足生活的なことができるのが移住の魅力

自然のない都市に住んでいると、食べるものは全てスーパーで買うことになりますよね。

東京に住んでいた頃思ったのが、「どこで育ったのかもよくわからない新鮮でない野菜や綺麗にパッケージされた加工食品ばかりで、なんだか飼育されているみたいだな」ということでした。

田舎にいると、自分で育てなくても近所の野菜が直売所や無人販売、農協に並び、ときにはお隣さんが余った野菜をくれたりします。安くて新鮮でおいしい。自分の畑を持ったり借りたりして自分で作るということもしやすいです。

川や海もすぐアクセスできるので、釣った魚を食べることも。
ちゃんと血抜きした新鮮な魚は売っているものとは全然違います。
中には狩猟をする人もいます。

なにより、自然の命を頂いて、自分が生きている感じがします。

現代に生まれた以上、100%現金なしで生きることはできないので、何らかの現金収入を得る方法は必要ですが、どのくらいの規模にしろこういった自然との一体感を感じられる。

移住の魅力の1つはこれだと思います。

The following two tabs change content below.

移住促進室(管理人)

東京疲れた...移住したい!老後に移住なんて待っていられない! というあなたを移住に導くコンテンツを配信しています。